技術資料室
RMSテクノロジー(株)

技術資料室

HOME技術資料室

[理論] 構造物の動特性実験のための可変動荷重加振機

| Date : 2018-07-08 16:50:11 | Hit : 23

1.序論 

今日の構造設計者に困難な課題の一つは、複な構造と多くの材料を使用している橋、橋、高層ビルや船舶、航空機などの大型構造物の動的設計である。 これは、これらの複な構造物の場合、各要素の構造の物性値の信性、結合部の連結の剛性と正確な境界件の装などの難しさのため、有限要素のような値解析的な方法では、設計に反映させることができる動的特性にする信性の高い情報を得るのは難しいからだ。 
したがって、このような困難を解決するために、際の大型構造物にして動的実験行して、関数の形で直接関数を取得する方法が試みられている。 しかし、構造物が複になって大型化すると、関数を求める実験のために加振される動的な力と答を計測しなければならなく、構造物の各周波の特性にじた加振態を維持しなければならない。 しかし、現在、これらの大規模な構造物を比較的の周波数帯域で加振させることができる不平衡質量による機械的のシステムの場合、力の大きさの化が周波領域での周波の二に比例する一律的な特性を持っているので、周波じた率的な加振力の調節がほとんど不可能な情である。


기술자료실
番号 分類 タイトル 投稿者 作成日 ヒット
7 理論 OLED fab. 振動制御 RMS 2018.01.31 68
6 理論 動的実験概念 RMS 2018.01.31 28
5 理論 VSDを利用した大型は配管構造物の振動制御 RMS 2018.01.31 27
4 理論 構造物の動特性実験のための可変動荷重加振機 RMS 2018.01.31 23
3 理論 構造物の動特性実験システム RMS 2018.01.31 17
2 理論 振動がコンクリート養生に及ぼす影響 RMS 2018.01.31 23
1 理論 地震の特性 RMS 2018.01.31 17
게시물 검색 검색
top