技術資料室
RMSテクノロジー(株)

技術資料室

HOME技術資料室

[理論] 構造物の動特性実験システム

| Date : 2018-07-29 19:39:53 | Hit : 18

1.序論

中大型構造物の動特性を決定する方法では、解析的な方法と実験的な方法がある。 解析的な方法の有用性と活用性については言及を省略しても構造物の実験的動的解析(Dynamic Test)は、最近のコンピュタ、電子計測/分析機器とSensorの飛躍的な達に実験的なアプロチがさらに多くの可能性と信性を付するようになった。 実験的動的解析は解析的モデルの評と確認だけでなく、解析的に動的モデルが難しい複合材料や、さまざまな結合構造について動特性解析にも有用に使用することができる。 
実験的動的解析で重要な問題は、構造物に入力された特定の加振力にする動的答の測定/解析と解析技術にある。 現在、中小型構造の動的実験のための加振機はImpact Hammerや大型油、電式加振機の達に足できる実験が行われているが、橋、橋、建物のような大型のコンクリトや骨構造のDynamic Testは、現場測定Data Acquisitionの困難だけでなく、最終的な問題は、大型構造物の動的答信が測定装置あるいはその他の分析SystemNoiseより大きく持つことができる加振装置が必要である。 これらの困難を解決する方法として類似の解を前提としているScale Model Dynamic Testが古くから究されてきたが、大縮小モデルの場合、固有振動連する周波の類似を装するに困難がある。 実験Dynamic Testの最も理想的なモデルは、現場に設置された物そのものの実験により、特に、理論的解析や縮小モデル実験で達成不可能な時間の過と疲の老化問題を直接的に信性の高いデタを集することができる。 


기술자료실
番号 分類 タイトル 投稿者 作成日 ヒット
7 理論 OLED fab. 振動制御 RMS 2018.01.31 70
6 理論 動的実験概念 RMS 2018.01.31 28
5 理論 VSDを利用した大型は配管構造物の振動制御 RMS 2018.01.31 29
4 理論 構造物の動特性実験のための可変動荷重加振機 RMS 2018.01.31 24
3 理論 構造物の動特性実験システム RMS 2018.01.31 18
2 理論 振動がコンクリート養生に及ぼす影響 RMS 2018.01.31 24
1 理論 地震の特性 RMS 2018.01.31 19
게시물 검색 검색
top