技術資料室
RMSテクノロジー(株)

技術資料室

HOME技術資料室

[理論] 地震の特性

| Date : 2018-09-28 05:39:47 | Hit : 21

地震の特性


a)地震の規模 
1935
年、アメリカの地震者リヒタRichter)は、地震のさを1から9以下の字で表した地震エネルギの定量的表現を使用して表示した。 これをリヒタスケルと呼ぶ。 
リヒタスケ1度は、60tの爆TNT)の力に相する。 これはあまりにも微弱なので、地震計のみで出することができる。 そしてリヒタスケ2は、前者の約31倍の度を持つようになりリヒタスケルが1加するたびに31倍の度が加することになる。 

b)地震の震度 
震度はある場所での地震動の弱を表し、人体の感と周りの物体や構造物に地震動が及ぼす影響をいう。 震度表示システムは、JMAJapan Meteorological Agency)と呼ぶの震度階級(0-Ⅶ)、州のロッシ - ポレル震度階級(IX)、そしてアメリカで最近多く使用されているMMModified Mercalli)震度階級(I- XIIこの他に東でソ連を中心に達したMSKI-XII)震度階級などがある。 

<1.1>リヒタスケ

a

b

c

d

e

規模

7.75~8.5

7.0~7.7

6~6.69

5.2~5.9

5.3以下

された距離

世界的

90°まで 
10,000km

45°まで 
5,000km

10°以下


기술자료실
番号 分類 タイトル 投稿者 作成日 ヒット
7 理論 OLED fab. 振動制御 RMS 2018.01.31 78
6 理論 動的実験概念 RMS 2018.01.31 31
5 理論 VSDを利用した大型は配管構造物の振動制御 RMS 2018.01.31 33
4 理論 構造物の動特性実験のための可変動荷重加振機 RMS 2018.01.31 27
3 理論 構造物の動特性実験システム RMS 2018.01.31 20
2 理論 振動がコンクリート養生に及ぼす影響 RMS 2018.01.31 28
1 理論 地震の特性 RMS 2018.01.31 21
게시물 검색 검색
top